若者の車離れ?カーシェアリングで生活していけるよ

カーシェアリング カーシェアリング

カーシェアリングとは

イエローキャブ

カーシェアリングとは、必要な時に自由にクルマを使えるサービスのことです。

クルマを借りるという点では、 レンタカーと似ていますが、一般にレンタカーよりも短時間の利用を想定しています。

利用者にとっては、レンタカーよりも便利で安く利用できることが多いのが特徴です。レンタカーとの違いは以下の通りです。

  • 24時間いつでも利用できる。
  • ガソリン代や保険料が一切かからない。
  • 15分単位で利用可能。
  • パソコンやスマートフォンから予約でき、対面手続きが不要。

カーシェアリングを利用するために必要なこと

カーシェアリングを利用するためには、会員登録が必要です。ホームページから会員登録を行い、カード発行手数料と月額基本料の支払いが必要となります。

ちなみに私は、タイムズカープラスで会員になりました。ステーションの数が多かったのが理由です。

利用方法

まず、パソコンやスマホから予約します。続いて、予約した時間に会員カードをカードリーダーにかざしてドアのロックを解除し、グローブボックスの中からキーを取り出すだけです。

詳しい方法についてはこちらをご覧ください。

利用してみての感想

月に1~2回程度の利用であれば、クルマを所有するより圧倒的に安く済みます。クルマにかかる税金や駐車場、保険、車検、ガソリン代を考慮すれば、所有することのコストはべらぼうに高いと思います。

私の場合、通勤も買い物も自転車で十分足りるので、飲み物などの重い荷物の買い物やダンボールなどの資源ごみを捨てる時にだけ利用する程度です。

あえて不満を言うのであれば、乗り捨てができないことくらいです。

まとめ

メモをする人

日本では、所有するだけでクルマのコストは相当かかります。クルマを所有していても週末に使用するくらいなら、借りた方が圧倒的に安いです。

世間では「若者のクルマ離れ」とよく聞きますが、実際には「クルマの若者の離れ」だと思います。クルマの維持費なんて、給料の低い若者にとっては致死量です。

ぜひ必要な時に自由にクルマを使えるカーシェアリングを検討してみてはいかがでしょうか。

カーシェアリング

【実録】カーシェアリングを1年間使ってみての感想