e-Taxで確定申告してみたら楽ちんだった

e-Tax 家計・節約

2018年分の確定申告が18日からスタートします。国税庁の電子申告・納税システム「e‐Tax」を使ってインターネット上で申告書を提出する人が増えているようです。

人によっては、確定申告を行うことによって「納めすぎた税金が還付金として手元に戻ってくる」場合もあります。

私のような会社勤めの場合、年末調整があるので本来は必要がありません。しかし社会人として今後のためにも、税金の勉強という意味も兼ねて確定申告をしてみました。

今回は国税庁の確定申告書等作成コーナーで確定申告を行いました。 

e-Taxを始める前にやっておくべきこと

聖書を読む人

e-Taxで確定申告する場合マイナンバーカードを作る必要があることやICカードリーダーを購入する必要があるなど事前の準備が必要です。

2019年から導入された「ID・パスワード方式」を利用すれば、「マイナンバー・ICカードリーダー」は不要ですし、Internet Explorer以外からも申告できるようになりました。

また、「ID・パスワード方式の届出完了通知」を発行するためには、税務署で職員による本人確認を行った上で発行する必要があり、どのみち税務署に行くことになります。

しかし、職場に税務署の方がお越しいただき、希望者に対して ID・パスワードの発行を行ってくれたため、わざわざ税務署に行くことなくe-Taxを利用できる手続きを行えました。

注意点として、「ID・パスワード方式」 は、マイナンバーカード及びICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な対応なので、今後に使えなくなる恐れがあります。

いつでもどこでも申告OK

国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」では、PCのみならずスマホなどでも所得税の確定申告書の作成ができます。

何といっても家にいながらネットで申告出来るというのは、やはり大きな利点だと思います。

寒い季節にわざわざ税務署に出向かなくて良いと考えられるのは、精神衛生上メリットが大きいのではないでしょうか。

また、提出書類の必要がなくなることも大きな利点だと感じました。私の場合以下の書類について提出省略となりました。

提出省略となった書類
  • 給与所得の源泉徴収票(原本)
  • 特定口座(源泉徴収あり)の特定口座年間取引報告書
  • 寄附した団体等から交付を受けた寄附金の受領証

その他は、電子送信で提出したため郵送や税務署に持参する書類はありませんでした。また、 申告書の控えはPDF形式で保存することも可能です。

ただし、 入力内容を確認するため、必要があるときは原則として法定申告期限から5年間、税務署等からこれらの書類の提示又は提出を求められることがあります

書類は捨てずに保管しておくようにしましょう。

まとめ

メモをする人

家から外に出ることなくネットで確定申告をしたい方にはe-Taxがおすすめです。

また、一般的にサラリーマンなどの給与所得者は年末調整で確定申告が不要なため、税金については疎い方も多いと思います。

払い過ぎの税金が戻ってくるチャンスをみすみす逃さないためにも、ネットで簡単に確定申告ができるe-Taxを利用してみてはいかがでしょうか。

新社会人でもふるさと納税は-できますが注意が必要です

新社会人でもふるさと納税はできますが注意が必要です

2019年1月19日