2019年3月の資産運用状況

資産運用状況. 資産運用の実践

 

2019年3月の資産運用状況について、ブログを開設してから2回目となります。前回の記事はこちらからご覧になれます。

米中貿易摩擦、イギリスのEU離脱の延期など世界経済が混迷を極めていますが、基本方針である「バイ・アンド・ホールド」を愚直に続けていきます。

投資信託

積み立て商品は下記の通りです。

  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
  • eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) 

外国株式:新興国株式:国内株式=8:1:1の割合で積み立てています。

個別株

  • ソレイジア・ファーマ(4597)
  • 日本軽金属HD(5703)
  • エヌ・ピー・シー (6225)
  • セブン銀行(8410)
  • オオバ(9765)
  • ヤマダ電機(9831)
個別銘柄の評価損益

アセットアロケーション

投資信託:個別株=8:2の割合となっています。

※投資対象および商品選びなど、投資にかかる最終判断は自己責任でお願いいたします。