日本株式は長期投資の対象になり得ないのか?

長期投資 資産運用

少額から分散投資を行える投資信託は、長期で取り組む資産づくりにぴったりな金融商品です。

経済が右肩上がりに成長していくことを前提とすれば、日々変動する株式の価格も長期的には上がっていくことを想定して運用します。

しかし、日本の場合は世界でも稀に見るほどデフレ経済が長期間に渡って続いており、ここ20年間でのGDP成長率もごく僅かです。

こうした状況の中で、経済の右肩上がりを前提とした長期の資産づくりに日本株式をポートフォリオに組み入れるべきなのでしょうか。

長期投資のメリット

長期投資のメリットはこれだ

2019年6月6日

日本株式は長期投資に効果なし!?

マネー本の中には、投資信託を貯金のようにコツコツと積み立てていけば大きな成果が得られるというような表現で長期投資を述べているものがあります。

株価の変動のような将来の不確実性をリスクといいますが、長期間保有し続けるだけでリスクがなくなるのであれば、長期投資は誰にとっても有効な手段であるといえます。

しかし、冒頭でも述べたように日本経済は長い間デフレによる不景気が続きました。

日本株式を長期投資の対象としてポートフォリオに組み入れるべきなのか、以下に日経平均株価の推移のグラフを示します。

1980年から2011年までの日経平均株価の推移

※一部データを世界経済のネタ帳から引用

例えば、1989年に投資した100万円は2011年には約22万になってしまいます。この20年間は株価が右肩下がりをしていたため、長期投資の効果がありませんでした。

一方で、1998年から2018年の20年間の株価の推移を表したグラフがこちらです。

1998年から2018年までの日経平均株価の推移日経平均株価の推移

※一部データを世界経済のネタ帳から引用

1998年から2018年の20年間を見ると株価は約45%上昇してます。したがって、区切る期間によっては低成長な日本株式でもお金を増やすことができます

どうなるのか分からないのなら取り込んでおけば良い

結局の所、高成長が予想されていれば株価は高く設定され、低成長が予想されていると株価は低く設定されます。

低成長の日本株式への投資でも儲かることがあります。 したがって、資産の価格付けに含まれるリターンに期待しましょう。

そのためにも、ポートフォリオに日本株式を組み込んでもよいのではないでしょうか。実際に私は、分散投資のために日本株式も含んでいます。

ちなみに、世界の時価総額比率を参考に先進国:新興国:日本を8:1:1の比率で積立投資を行っております。

まとめ

メモをする人
POINT
  • 日本株式のような低成長の経済に投資をしても儲かることはあります。
  • 将来がどうなるか分からないのなら、価格付けに含まれるリターンを取り込むためにも、また、分散投資という意味でも保有しておけばよいのではないでしょうか。
投資対象および商品選びなど、投資にかかる最終判断は自己責任でお願いいたします。
インデックス投資は退屈

インデックス投資は退屈なことが成功のカギ

2019年5月9日