インデックス投資は退屈なことが成功のカギ

インデックス投資は退屈 投資信託

2018年1月にスタートしたつみたてNISAは、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

対象商品は、販売手数料がゼロ(ノーロード)、手数料が低く、分配金を頻繁に出さないなど、日本にある数多くのファンドの中から長期・積立・分散投資に適したものになっています。

少額からコストの安いインデックスファンドで世界中に分散投資し、長期で運用することでコツコツとお金を増やしていくことが可能です。

しかし、そのコツコツと積み立てていくことが退屈と感じる方も多いかと思いますが、それが資産形成の成功のカギといえます。

長期投資

日本株式は長期投資の対象になり得ないのか?

日本人はギャンブルが大好き

運命のルーレット

日本人というのはギャンブルが好きな民族です。例えば、宝くじを購入するのに長時間並んでいる人をテレビで見たことがあると思います。

しかし、宝くじというのは期待値が50%以下と法律で決められています。

期待値とは

簡単に説明すると、ある金額をかけたときに帰ってくる配当金(平均額)のことです。

宝くじは参加者から1000万円を集めた場合、運営(胴元)に入るお金は半分の5000万円になります。

したがって、残りの5000万円(賞金)を参加者で分け合うことになります。ちなみに、競馬や競輪の期待値が約70%です。

すなわち、宝くじというのは世界一ぼったくりなギャンブルといってもいいでしょう。

しかし、なぜ日本人はこんなにも明らかに不利なギャンブルが好きなのでしょうか。

これには、「短期間」で「楽に(簡単に)」儲けたいという考えがあるのではなでしょうか。

長い時間をかけてお金を育てる

閑静な住宅街

若い世代の中には、投資として外国為替証拠金取引(以下:FX)や仮想通貨を始めようとする人がいます。FX取引を株や債権と同じような投資だと考えているのでしょうか。

しかし、FXは長期の資産形成には向きません。(※ただし、余裕資金でやる分にはかまわないと思います。)

FXに限らず、投資と投機の違いを知って運用に活かすかどうかは、長期の資産形成に大きな影響を与える可能性があります。

両者の違いに絶対的な定義はありません。しかし、代表的な考え方のひとつとして、長期で事業にお金を投じるのが投資。為替の行方を当てるために売買を繰り返す行為が投機という考え方があります。

リスクをとった分だけ大きな儲けが期待できる=リスクプレミアム

これが、長期の株式や債券の投資であり、お金を出した全員が儲かる可能性がある。時間が経てば世の中全体で価値が増えるというものが投資です。

為替や石油、穀物などの値動きに賭ける投機は、投資家の一方が儲かれば一方が損をします。

すなわちコインの裏と表のようなもので、勝つ人がいる分負ける人もいます。また、連続で勝ち続ける確率は極めて低くなります。

したがって、取引で、勝つか負けるかの瞬間的な勝負に賭けるよりも、余裕資金(運用できるお金)の中で、投資の割合を大きくした方が、長期的な成功の可能性が高くなります。

 ただし、投機=悪というはけではなく、要するにその割合が問題なのです。

長期投資のメリット

長期投資のメリットはこれだ

資産形成

投資とは長期で資産形成するものです

非課税期間をフル活用しよう

車に乗る人

株式や投資信託といった投資で得た利益には通常、約20%の税金がかかります。20%と聞くとたいしたことがないと思うかもしれません。

仮に100万円を投資で設けた場合、20万円が税金として取られ手元に残るお金は80万円になります。

しかし、つみたてNISAの場合には利益に対してまるごと税免除されるので通常の投資より約2割お得になります。

また、年間の非課税枠が40万円で非課税枠は最長20年となっています。

すなわち、最大40万円×20年間=800万円とその利益が非課税となります。

どうしてもお金が必要になったとき、つみたてNISAは途中で売却(解約)することもできます。

ただし、売却した分の非課税枠はなくなります。その分は復活しないので、再度使いたい場合には新たな非課税枠を利用することになります。

つみたてNISAでは、非課税枠をフル活用するためにもずっと保有し続けることが重要です。したがって、近い将来使う予定のない余裕資金で始めるとよいでしょう。

つみたてNISAのような長期投資向けのインデックス投資は、銘柄選びや購入のタイミングを考える必要がないため始めるのはとても簡単です。

しかも自動積立設定をすれば、年に1度簡単なメンテナンスをして、あとはひたすら淡々と積み立てていくだけです。

このように、ほとんど何もしなくてよいことが退屈に感じる方も出てくるかもしてません。しかし、継続することが成功のカギといえます。

生活防衛資金

投資を始める前に生活防衛資金を貯めよう

新卒社会人1年目で-つみたてNISAを始めました

新卒社会人1年目でつみたてNISAを始めました

まとめ

メモをする人

世界中に分散投資を行い、長い期間をかけて世界経済の成長していく波に乗ることで資産形成が確実に成功するといえるでしょう。

特に、非課税枠と非課税期間をフル活用することをおすすめします。

また、インデックス投資は基本的に退屈ではありますが、それが成功のカギといえます。

投資対象および商品選びなど、投資にかかる最終判断は自己責任でお願いいたします。



松井証券