お金のない若者はお金の流れを見える化しよう

お金の流れを見える化 家計・節約

世間ではしばしば「若者はお金がない」といわれています。かつての日本は、経済が右肩上がりで成長していたため会社員の給料も上がり続けいました。

しかし、人口減少と高齢化により今後は給料が増えない代わりに社会保険料はどんどん増加していき、結果的に手取りが減っていくでしょう。

「お金がない」といっている人に限って、自分が何にどれだけお金を使っているのか把握できていません。

お金のない若者がお金を貯めるには、まずはお金の流れを見える化し、無駄を省くことが必要です。

私はお金の流れを見える化した結果、手取り20万円の一人暮らしでも毎月5万円を貯金することができました。

毎月の支出と貯蓄を公開

私の毎月の手取りは約20万円です。以下に支出の内訳を示します。

  • 収入(手取り) 200,000円
    • 家賃 48,000円
    • 食費 30,000円
    • 電気代 3,000円
    • 水道代 2,000円
    • ガス代 3,000円
    • 通信費 5,000円(Wimax+格安SIM)
    • 交際費 5,000円(ごく稀に行く飲み会)
    • 雑費 10,000円(洋服・美容院・書籍など)
    • カーシェアリング 4,000円

このように生活費は11万円となっています。

その中から5万円を貯金に回しています(残りは投資に)。今では貯金が200万円を超えました。

20代一人暮らしの貯金額

お金の流れを見える化する方法

入ってくるお金以上に出ていくお金が多いとお金はなくなります。

たとえ給料が少なくたってお金を貯めることはできます。逆にいうと、給料が高くてもその分浪費すればお金は貯まりません。

そこで、支出を把握することために必要なことはお金の流れを見える化することです。では、実際にどうやってお金の流れを見える化すればよいのでしょうか。

家計簿をつける

一番効果的な方法は家計簿をつけることです。家計簿をつけることでお金の収支が把握できます。

インターネッドで検索すればExcelシートの家計簿が無料で公開されています。ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

家計簿シート

アプリを活用する

しかし、買い物のたびに家計簿をつけていくのは非常に面倒くさいです。

その結果、長続きしない場合がほとんどといっていいでしょう。かつての私もその一人でした。

しかし、そんな私でも家計簿を続けられるのはあるアプリを活用しているからです。それがマネーフォワードMEです。

家計簿 マネーフォワード ME - 人気家計簿アプリ

家計簿 マネーフォワード ME – 人気家計簿アプリ

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

クレジットカードや電子マネー、銀行口座と連動できるマネーフォワードMEは大変便利です。

例えば、アプリと紐づけたクレジットカードで買い物をすると自動で食費や日用品などに分類してくれます。

この便利な機能のおかげでキャッシュレス化が進みました。なぜなら、現金で買い物をすると自動で反映されないからです。

また、国もキャッシュレス化を推進しています。

政府は「キャッシュレス・ビジョン」にて、⼤阪・関⻄万博(2025 年)に向けて、「未来投資戦略2017」で設定したキャッシュレス決済⽐率40%の⽬標を前倒し、より⾼いキャッシュレス決済⽐率の実現を宣⾔しました。

様々な決済手段方法の環境が整備されつつあるので、マネーフォワードを活用したキャッシュレス決済で家計簿をつけることをおすすめします。

お金の流れを見える化することで無駄を省くことができます。

固定費の削減を心掛ける

お金がないという人は、支出に占める大きな部分を削減しましょう。すなわち固定費の見直しです。

節約というと「食費」を削ると考える人が多いと思います。しかし、食材の値上がりや外食が増えるなど食費は確実に減らせるとは限りません。

また、食費を抑えようとし栄養の偏った食事をしていると健康にも悪く、ストレスにもつながります。

そうなってしまうと家計簿と同様に長続きしなくなります。

そのため、食費などの変動費ではなく固定費の見直しの方が確実に支出削減の効果があります。

食費をケチるなんて百害あって一利なし!働くモチベーションまで低下してしまうよ。

私は固定費の見直しとして、格安SIMに変えることで通信費を削減しました。参考にご覧ください。

固定費の見直し

一人暮らしで節約するならまずは固定費から見直しましょう

2019年2月9日

給料が増えてもむやみに生活レベルを上げない

キッチン

住居費や食費、交際費など収入が上がっても生活レベルをむやみにあげない方がいいでしょう。

なぜなら、一度あげた生活レベルを下げるというのは困難だからです。

繰り返しになりますが、収入が上がっても支出が増えては結局貯蓄は増えません。

収入が上がっても、手取りの何割を貯蓄に回すなど、自分なりのルールを決めておくべきでしょう。

収入が上がった分は、自己投資に回したり旅行などのプチ贅沢にあてるなど、QOLを上げるためには有効なのではないでしょうか。

まとめ

メモをする人

入ってくるお金以上に出ていくお金が多いとお金はなくなります。

お金のない若者がお金を貯めるには、まずはお金の流れを見える化し、無駄を省くことが必要です。また、お金の流れを見える化するには家計簿をつけることが重要です。

特にマネーフォワードMEなどのアプリを駆使すれば自動で家計簿をつけてくれるので、簡単にお金の流れを見える化することができます。

お金の流れを見える化し無駄を削減した結果、手取り20万円ですが毎月5万円を貯金に回すことができました。

ぜひみなさんもお金の流れを見える化し、無駄を省いてみてはいかがでしょうか。

一人暮らし月20万円の投資法

【実践】一人暮らし月20万円の手取りでも投資はできます

2019年5月6日