これから投資を始めるならつみたてNISAがおすすめです

つみたてNISAがおすすめ つみたてNISA

2018年1月にスタートしたつみたてNISAは、少額からの長期・低コスト・分散投資を支援するための非課税制度です。

対象商品は、販売手数料がゼロ(ノーロード)、手数料が低く、分配金を頻繁に出さないなど、日本にある数多くのファンドの中から厳選された長期・低コスト・分散投資に適したものです。

少額からコストの安いインデックスファンドで世界中に分散投資し、長期で運用することでコツコツとお金を増やしていくことが可能です。

新卒社会人1年目で-つみたてNISAを始めました

新卒社会人1年目でつみたてNISAを始めました

長期的に資産を増やす

バックパッカー

若い世代の中には、投資として外国為替証拠金取引(以下:FX)や仮想通貨を始めようとする人がいます。FX取引を株や債権と同じような投資だと考えているのでしょうか。

しかし、FXは長期の資産形成には向きません。(※ただし、余裕資金でやる分にはかまわないと思います。)

FXに限らず、投資と投機の違いを知って運用に活かすかどうかは、長期の資産形成に大きな影響を与える可能性があります。

両者の違いに絶対的な定義はありません。しかし、代表的な考え方のひとつとして、長期で事業にお金を投じるのが投資。為替の行方を当てるために売買を繰り返す行為が投機という考え方があります。

為替や石油、穀物などの値動きに賭ける投機は、投資家の一方が儲かれば一方が損をします。

いわゆるコインの表と裏のようなもので、全員がトータルでプラスになることはないので、「ゼロサム・ゲーム」と言われています。

また、為替取引やコモディティー以外にも、株や債権のデイトレードも投機にあたります。

一方で投資とは、ビジネスに資金を投じて、長期でその見返りを受けるものです。

成功しそうなアイデアやプランを持っているのにも関わらず、資金が足りていないと企業はお金を出してくれる人を募ります。

お金を出してくれた人には、お金の代わりに株式を受け取ったり(株主)、債権を受け取ります(債権者)。

これが、長期の株式や債券の投資であり、お金を出した全員が儲かる可能性がある。また、時間が経てば世の中全体で価値が増えるというものが投資です。
資産形成

投資とは長期で資産形成するものです

低コストな投資信託を選ぶ

エスカレーター

つみたてNISAの対象商品というのは、ほとんどがコストの低いインデックスファンドになっています。

金融庁自らが基準を設け、これまでの手数料が高く、分配金を毎月出すような、資産形成の役に立たない商品が排除されました。

投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって、きちんとした資産形成が行える仕組みとなっています。対象商品を詳しく知りたい方は投信総合検索ライブラリーを参考にしてください。

つみたてNISAのような長期投資向けのインデックス投資は、銘柄選びや購入のタイミングを考える必要がないため始めるのはとても簡単です。

最近は、インデックスファンドの手数料(信託報酬)の値下げ競争が激しくなってきており、0.1~0.3%台のものが多くあります。

eMAXIS Slimシリーズ

特におすすめなのが、三菱UFJ国際投信が提供する「eMAXIS Slimシリーズ」です。

eMAXIS Slimシリーズは「業界最低水準の運用コストを、将来にわたってめざし続けるファンド」というキャッチコピーで、インデックス投資家にもファンが多いファンドです。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」ではトップ20位のうち、同シリーズのファンドが7本もランクインしています。

先日も他社類似ファンドが信託報酬の引き下げを行うと、すぐさまそれに追随しました。(参考:業界最低水準の運用コストをめざす『eMAXIS Slim(イーマクシス スリム)』信託報酬率の引き下げを実施

また、コストの高さは運用における確実なマイナスリターンです。

低コストファンドのパフォーマンス

信託報酬控除前の運用利回りを年率3%と仮定。(10,000円で運用スタート)各信託報酬の場合のパフォーマンスの違いを示しています。信託報酬以外の手数料等は考慮しておりません。上記は信託報酬の大小が長期的にパフォーマンスへ与える影響を示すためのシミュレーションであり、実際の運用とは異なります。
したがって、将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。(出典:三菱UFJ国際投信ホームページ)

資産運用の世界では、長期的に見るとアクティブファンドはインデックスファンドに負けることが多いというのが常識になっています。それは日本でもアメリカでも同じ事です。

投資のプロが膨大な情報と知識を駆使しても、長期的にはインデックスファンドに勝てない理由は手数料の高さにあります。

さらに、株式や投資信託といった投資で得た利益には通常、約20%の税金がかかりますが、つみたてNISAの場合には利益に対してまるごと税免除されるので通常の投資より約2割お得になります。(年間の非課税枠が40万円で非課税枠は最長20年となっています。)

これから投資を始めようと思っている方は、長期・低コスト・分散投資を少額から始められるつみたてNISAをおすすめします。

まとめ

メモを取る人

つみたてNISAは、少額からの長期・低コスト・分散投資を支援するための非課税制度です。

対象商品についても金融庁の厳しい基準により、手数料が高く、分配金を毎月出すような、資産形成の役に立たない商品が排除されました。

投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって、きちんとした資産形成が行える仕組みとなっています。

また、世界中に分散投資を行い、長い期間をかけて世界経済の成長していく波に乗ることで資産形成が確実に成功するといえるでしょう。

投資対象および商品選びなど、投資にかかる最終判断は自己責任でお願いいたします。