5月の資産運用状況

積み立て投資 資産運用の実践

2019年5月の資産運用状況について、ブログを開設してから4回目となります。前回の記事は下記からご覧になれます。

令和最初の株式相場が始まりました。新しい時代が始まっても、基本方針である「バイ・アンド・ホールド」を愚直に続けていきます。  

また、今月は余剰資金で九州電力(9508)を100株購入しました。

積み立て投資

4月の資産運用状況

2019年4月27日

投資信託

積み立て商品は下記の通りです。

  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim 新興国株式インデックス
  • eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)

米中貿易摩擦による世界的な株安が影響していますが、つみたてNISAはまだプラスを維持しています。

つみたてNISA

(出典:楽天証券ホームページ)

インデックスファンド

なお、外国株式:新興国株式:国内株式=8:1:1の割合で積み立てています。

個別株

  • ソレイジア・ファーマ(4597)
  • 日本軽金属HD(5703)
  • エヌ・ピー・シー (6225)
  • セブン銀行(8410)
  • 九州電力(9508)
  • オオバ(9765)
  • ヤマダ電機(9831)
個別株

(出典:楽天証券ホームページ)

アセットアロケーション

投資信託:個別株=8:2の割合となっています。

アセットアロケーション

資産の割合

無リスク資産(現金)とリスク資産の割合は以下のようになっております。

資産全体に占めるリスク資産の割合は約37%となっております。自分が許容できるリスクと生活防衛資金は確保しています。

資産の割合
コイン

新社会人こそまずは貯金から始めよう

2019年5月29日
投資対象および商品選びなど、投資にかかる最終判断は自己責任でお願いいたします。