【注意】タイムズカーシェアは予約時間に利用していなくても料金を請求されます

ラップトップ カーシェアリング

私は地方在住にも関わらず車を所有していません。

周りの人からは車を持っていないことにかなり驚かれます。

しかし、通勤も買い物も自転車で用が足りています。 そこで、必要な時に自由に車を使えるカーシェアリングを利用しています。

先日、カーシェアリングの予約をしたものの、予約したことをすっかり忘れそのままにしてしまいました。

スマホから新しい日時で予約をした際に、古い予約データを取り消し忘れたのが原因です。

今回は、実際に予約した車を利用していない場合にも、料金を取られるかどうか気になる方に役立てばいいなと思います。    

利用していなくても料金は取られます

先日、カーシェアリングを利用した翌日、タイムズからこのようなメールが届きました。

メール
あっ。翌日使うための予約、取り消すの忘れてた。

走行距離0kmでも予約した時間分の料金をきっちり取られました。

実際に使った時間だけ請求される

イエローキャブ

タイムズカーシェアリングのホームページに記載されているとおり、15分単位のご利用の場合、「予約した時間」ではなく、「実際に使った時間」の料金のみ請求されます。

すなわち、予約をしたのにも関わらず利用しなかった場合には、「実際に利用した時間=予約時間」になるようです。

自分が実際に利用せず車が駐車場にあったとしても、他の人はその時間利用できないのですから、考えてみれば当然だと思います。

ひょっとしたら、お金は取られないのではないかと考えた自分が甘かったです。

上記でも説明したとおり、タイムズのカーシェアリングは実際に使った時間で料金が請求されます。

私の場合は少し長めに予約するようにしています。今回は完全にそれが裏目に出ました。

便利であることに違いはない

カーシェアリング

このような失敗もありましたが、カーシェアリングというサービスに不満はなく、むしろ便利であると思っています。

車を持っていないと不便だと感じる人が多いかも知れません。

しかし、自分が利用したいときにちょこっと利用できるので十分だと考える人にとってはぴったりなサービスだと思います。

特に、車にかかる維持費は格段に安くなります。車を所有する場合、税金や駐車場代、任意保険料、車検代、ガソリン代、消耗品(タイヤ代)など多くのお金がかかります。

しかし、タイムズカーシェリングの場合は月額基本料1,030円+利用料金のみとなります。

カーシェアリングはレンタカーと違いガソリン代がかかりません。ガソリン満タンで車を返却する必要がないのです。

また、運転好きの人には意外といいかもしれません。

というのも予約さえすれば様々な車を運転することができます。タイムズカーシェアにはアウディなどの高級車やSUVもあり、購入せずとも運転することができます。

さらに、新しい車種が多いので、自動ブレーキやコーナーセンサーなどが標準装備されており車の安全性も向上しています。

それから、会員になりさえすれば、全国のステーションでカーシェアリングを利用することができます。旅先などで車が必要になったときには便利かも知れません。

利用方法については、こちらの動画をご覧ください。

カーシェアリングを利用するためには、会員登録が必要です。

ホームページから会員登録を行い、カード発行手数料と月額基本料の支払いが必要となります。

まとめ

メモを取る人

タイムズカーシェアリングは、15分単位のご利用の場合、「予約した時間」ではなく、「実際に使った時間」の料金のみ請求されます。

しかし、予約をしたのにも関わらず利用しなかった場合には、「実際に利用した時間=予約時間」になります。

みなさんも、予約の取り消しを忘れないように注意しましょう。利用していなくてもきっちり料金は請求されます。

カーシェアリング

【実録】カーシェアリングを1年間使ってみての感想

2019年5月16日