【実体験】知識ゼロからの家賃値下げ交渉!自宅の家賃を安くする方法

家賃 値下げ 交渉 家計・節約

突然ですが、今住んでいる自宅の家賃を下げられるとしたら生活はどのくらい楽になるでしょう。

私は家賃の値下げ交渉で月々の家賃を3000円安くしました。つまり、1年で3万6000円節約したことになります。

 

また、単純に3万6000円手取りが増えたのと同じと考えることもできます。

しかも、節約の場合には税金(所得税・住民税等)がかかりません。

したがって、可処分所得は家賃を下げたときのほうが多くなります。

 

あなたは家賃は下がらないと思い込んでいませんか。

先日、こんなツイートをしました。

 

もうすぐマンションの契約更新のタイミングだから@freelife_blogさんのYouTubeや『 家賃は今すぐ下げられる!(日向咲嗣著)』を参考に家賃交渉の文書を管理会社に送ってみた。どんな反応が返ってくるのか興味深い。

 

今回は、私が実践した家賃の値下げ交渉についてまとめました。

難しい知識はいりません。必要なのは事前の準備と正しい知識です。

この記事を読んでいるあなたも自宅の家賃を安くしてみませんか。

※本記事で記載されている用語・法律等につきましては、2020年1月時点のものであり必ずしも最新の情報ではございません。その点ご留意ください。

家賃交渉は法律で保証された権利

家賃 権利 法律

「これまで入居してから同じ家賃で住み続けているあなたは、周辺の家賃相場を把握していますか?」

「もし、周りの家賃が下がっているのにあなただけが高い家賃を払い続けいたら悔しくないでしょうか。」

 

私なら「えっ!」と思います。

 

建物の価値は居住の有無に関わらず、時間の経過とともに減少していきます。

入居した時期が違うだけで、同じフロアに住む人がより安い家賃で住んでいる可能性もあります。

 

そんなあなたは、家賃の値下げ交渉を検討してみましょう。

家賃の値下げなんて大家さんに頼むだけで「だったら出て行ってくれ」と心配するかもしれません。

しかし、そんな必要はありません。

家賃の減額交渉は借地借家法第32条1項(借地増減請求権)で認められた正当な権利です。

借地借家法第32条1項

建物の借賃が、土地若しくは建物に対する租税その他の負担の増減により、土地若しくは建物の価格の上昇若しくは低下その他の経済事情の変動により、又は近傍同種の建物の借賃に比較して不相当となったときは、契約の条件にかかわらず、当事者は、将来に向かって建物の借賃の額の増減を請求することができる。ただし、一定の期間建物の借賃を増額しない旨の特約がある場合には、その定めに従う。

 

この借地借家法は賃借人(借り手)の権利が手厚く保護されています。

「突然出て行け」なんてことにならないよう、弱い立場の賃借人を守るための法律になっています。

 

困るのはいつだって大家さん

もし、あなたが今住んでいる家から引っ越しをしたときに一番困るのは大家です。

大家としては長く住んでくれたほうが空室にならずありがたいはずです。

このことについては、両学長(@freelife_blog)のYouTubeでも解説しています。

>>第13回 賃貸物件の家賃を下げる方法【お金の勉強 初級編 】

 

 

あなたが引っ越しをしても、近いうちに他の人が入居してくれる保証はどこにもありません。

春の引越しシーズンを過ぎても空室の部屋は、最悪の場合には翌年の春まで空室のままである可能性があります。

立場的にはそれくらい強く出られる状況にあります。

事前の情報収集が重要

家賃 値下げ 情報収集

家賃の値下げ交渉を成立させるには事前の準備がとても大切です。

具体的には以下の2点が重要です。

  • 周辺物件の家賃相場を把握する
  • 値下げ基準の根拠を明確にする

 

「高いから家賃を安くして欲しい」では交渉はうまくいきません。

「周辺相場が〇〇円なので、ウチの家賃も同じくらいまでに値下げして欲しい」という明確な根拠が必要です。

そのためには事前に家賃相場を調べ、値下げ要求額を決めておく必要があります。

 

ネットを活用して周辺相場を調べる

部屋探しをするためにはネットの賃貸サイトを活用するのがおすすめです。

私が周辺相場の家賃を調べる際に利用した賃貸サイトは以下のとおりです。

 

  • Home’s賃貸
  • SUUMO賃貸
  • アットホーム賃貸
  • 不動産ジャパン

 

その他にも「Yahoo!不動産賃貸」や「いい部屋ネット」などの賃貸サイトがあります。

いろいろ試してみて、あなたが使いやすいと思ったサイトを選べばいいでしょう。

 

賃貸サイトを使って家賃を調べる際に注意しておくことが3点あります。

  • 条件を絞り込みすぎない
  • 検索条件を登録しておく
  • 新着データだけをチェックする

 

条件を絞り込みすぎると該当する物件が少なくなります。

結果的に家賃が高い部屋しかヒットしなくなり、掘り出し物に出会う確率が低くなってしまいます。

したがって、地域と間取り、それから絶対にハズせない条件(バストイレ別等)でまずは検索してみましょう。

 

また、検索するたびに条件が変わってしまうと出てくる物件も違ってきてしまうので、検索条件は登録しておくことをおすすめします。

 

さらに、新着データ(1週間以内に公開など)をチェックするようにしましょう。

物件によっては、更新が追いつかず空室ではないにも関わらず掲載されている場合があります。

 

値下げ要求額を決める

賃貸サイトで周辺物件の家賃相場を把握したら、次は具体的な値下げ要求額を決めます。

ベストは、今住んでいるアパートやマンションの別の部屋の家賃がわかることです。

同じ建物の家賃情報がわからない場合には、できるだけ似た条件の近隣物件を調べて値下げ要求額の根拠とするのがいいと思います。

ただし、全く同じ条件の建物は存在しないと言い逃れされる可能性があります。したがって、周辺の家賃と比べて高いという事実を伝え、別の建物の事例は出さない方が得策です。

 

いざとなったら調停に持ち込む

調停とは

紛争が起きてそれを当事者間では解決できない時に、裁判の申し立てを行って解決する最も簡便な手段。通常の裁判のように判決は出ないものの、民間から選ばれた調停委員が間に入って、話し合いがまとまるように仲介してくれる。(参考文献:『家賃は今すぐ下げられる!』

実際に調停になった場合には、賃借人に有利な展開になることが多いようです。

私の場合は、始めから調停まで持ち込むことを前提に交渉をスタートさせました。

なお、裁判所のホームページには書式と記入例が掲載されています。

調停に必要な費用は印紙代と切手代の数千円程度です。

書面で値下げ交渉の用件を送る

家賃 値下げ 書面 交渉

家賃の値下げ要求額が決まったら、いよいよ大家に意思表示を行います。

しかし、いきなり「家賃を下げてください」と口頭で伝えるのは勇気がいります。

そんなあなたは、手紙形式の文書で連絡してみてはいかがでしょうか。

 

家賃の更新時期が近づくと管理会社等から「更新のお知らせ」が郵送されてきます。

私はこの文書に返答する形で、家賃減額請求の用件を書いて送りました。

実際に、送った文書の例がこちらです。

 

〇〇マネジメント(管理会社名) ご担当者様

拝啓

時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

さて、___年_月_日に拝受いたしました「契約更新のお知らせ」を拝見しまして、以下の通り回答いたします。

ご掲示いただきました___年_月から_年間の契約につきましては、現時点では更新したいと考えております。

ただし、今回の更新にあたっては、家賃の改定をお願いしたいと思います。

___年_月に入居して以来、_年が経過し、初めて(_度目)の契約更新となります。建物の価値は、居住の有無に関わらず時間の経過とともに減少していきます。

入居した_年前と現在では、経済事情は大きく変わり、近隣同種の家賃も下がっております。(ご参考までに、当マンション内における別の募集データのコピーを同封いたしました)

つきましては、現在___円の家賃を、近隣同種の物件と同レベルの___円にしていただきたく存じます。

もし、上記にご同意いただけるようでしたら、再度、新しい賃料が記載された更新書類のご送付をお願いいたします。

また、現行賃料のまま据え置かれるようでしたら、引っ越しを検討いたしますので__年_月_日まで、その旨お知らせいただきたく存じます。

以上、よろしくお願いいたします。

敬具

__年_月_日

〒〇〇〇-〇〇〇〇

〇〇県△△市□□町

〇〇マンション 〇号室入居者

Email:_______@___.com

(参考文献:『家賃は今すぐ下げられる!』

 

ポイントとしては3点あります。

 

  1. 現時点では契約更新の意思がある
  2. 具体的な値下げ額を明示する
  3. 交渉が決裂した場合には引っ越しを検討することを相手に示す

 

相手を説得する上で重要なことは、根拠となるデータを示すことです。

私の場合には、同じ建物の事例があったため、書面と一緒にコピーを同封しました。

 

また、書面は簡易書留で送ることをおすすめします。

管理会社に「そんなものは届いていない」としらを切られないようにするためです。(メールアドレスを知っていればメールで出すのもいいかと思います。)

 

あとは相手からの返答を待つだけです。

 

なお私の場合には、書面に記したメールアドレスに連絡がありました。

 

家賃交渉の理想のタイミング

家賃の値下げ交渉はいつしても構いません。

しかし、実際に応じるかどうかは大家さん次第です。

そこで重要になるのが交渉するタイミングです。

私の場合にもそうでしたが、2年に一度の契約更新のタイミングの時期のほうが値下げを検討してくれる可能性が高くなります。

  • 契約更新する場合には、契約書に捺印するという行為が付随するため、そのタイミングで家賃の改定を持ち出すことで相手も真剣に検討せざるを得なくなります。

まとめ

メモを取る人

これまで同じ家賃で住み続けることが当たり前だと思っていませんでしたか。

家賃の値下げ交渉に難しい知識は必要ありません。

必要な手順は以下のとおりです。

 

家賃の値下げ交渉の手順

  1. 周辺物件の家賃相場を把握する
  2. 値下げ基準の根拠を明確にする
  3. 大家(管理会社)に意思表示を行う
  4. 返答を待つ

 

家賃の値下げ交渉する上で最も重要なのは事前の準備と正しい知識です。

知識もなしに交渉に挑んでは成功する可能性は低いでしょう。

こちらの提案が却下されたときの選択肢をあらかじめ用意しておくためにも事前の準備と正しい知識が必要なのです。

最後に、あなたの自宅の家賃が安くなる一助になれれば幸いです。

家賃の値下げ交渉をしたからといって必ずしも家賃が下がるわけではありません。値下げ交渉にかかる最終判断は自己責任でお願いいたします。

 

▼実際に私が家賃の値下げ交渉のために勉強した書籍です。ぜひ参考にしてみてください!

 

▼節約の基本!まずは固定費の見直しをしてみましょう。

>>一人暮らしで節約するならまずは固定費から見直しましょう

固定費の見直し

一人暮らしで節約するならまずは固定費から見直しましょう

2019年2月9日